こんにちは、矢島久美子です。

女性の就業率を、アップさせるための政府の政策について
ご存知ですか。

政府は女性管理職の割合を2020年までに、
30%に引き上げるという目標を、何年か前に聞きました。

女性の働く力の大切さは、国も期待しているのですね。
でも、保育所不足など、自治体によっては改善されているようですが、
まだまだという感じもしますね。

そんな中でも、結婚・出産後に仕事を続けたいと考えている女性は、
80.5%という、高い数字を占めているそうです。

ですが、出産後も仕事を続ける上での不安は山積みですね。
たとえば、
・保育園に子どもを預けることができない
・定時帰宅できずに残業する
・体力・気力が消耗する
など。

だから、仕事がしたい!子育てもしたい!気持ちと
現実との狭間で揺れている女性が多いのですね。

出産に伴う就業率の低下は、日本経済にとっても問題として
改善に努力されていますが、まだ完全ではないように思います。

女性の就業率を上げるには、
企業の就労環境、保育施設の整備、男性の協力など
いろいろ必要ですからね。

女性だけが頑張って、仕事と子育て、家事を両立させて
解決する話ではない
深いものです。

そんな時代だから、企業に属さないフリーで働く、
という方法を選ぶ人も増えているのですね。

リトピュアの「教室開業」の制度も、
このフリーで働きたい人をバックアップしていくものです。

特に、子育てと両立したい!
という女性の望みを叶えます。

女性の眠っている労働力を呼び覚まし、その才能を引き出すこと!
その力で、社会の役に立つことができる仕事です。

それができるって、素晴らしいと思いませんか?
叶えている先生たちは、ほんとうに素敵です。

子育てや結婚により環境が変わったことで、仕事をお休みしている方も
こんな風に思っていませんか?

・自分の持っている能力を使いたい!
・自分にもできることがある!
・昔の勘を早く取り戻したい!
そうそう、そうなの、働きたいのよね~と。

政府だって、女性の労働力に期待し、推奨して動いている時代です。
その能力を、フルに使って活かしてほしいですね。

こういうときに、大事にしてほしいのが、自分の気持ち。
自分のほんとうの気持ちを、無視しないでくださいね!
これ、大切です。

自分のやりたいことに向かて、小さな行動をしてみることです。
夢を叶えるためには、「準備」が必要だからです。
「準備」は、すぐにはじめましょう。

これをすると、ある日、振り返ってみたとき、
「あのときより進んでる~」ということに、必ずなりますよ。

今、止まっていると、いつも同じ場所にいて、
時間だけが過ぎていきます。

誰もがそれぞれ持っている、女性の能力を最大限に引き出したいです!
自分の価値を信じて、活かす準備をしてくださいね。

「音楽と子ども」の仕事で活かしたい方は、こちらで一歩踏み出せます。