こんにちは、矢島久美子です。

全国の先生たちは、いつもは各地で一人で教室運営をしています。
ですから、年に2回の研修会は、
互いに励ましあえる良い機会となっているのですね。

どんな人でも、仕事をしてれば、いつも順調にいっているわけではありません。
誰だって、いいときも、思うようにいかないときもあり
気持ちにも波があります。
だから、同じ想いの仲間と共有できる時間は大切ですね。

以前、現役のリトピュア教室の先生から、こんな実践報告をいただきました。

先月はたくさんの方に体験に参加して頂き、今月からご入会予定の方が、たくさんいます。

そして以前目標としてお伝えした、50人を達成することができました!

4月に教室を始めたときは50人なんて夢のまた夢でしたが、
こんなに早く、50人の目標を達成できるとは思っていませんでした。

認定講習のときに矢島先生がおっしゃった、
「迷ったときは、手を動かす」ということを、信じてやってきて良かったと
思っています。

リトピュアの楽しいレッスンを、もっともっとたくさんの人に伝えていきたい!

だから、次の目標は70人です!

一人一人との出会いを大切に、これからも楽しいレッスンをしていきます。

「迷ったときは、手を動かす」

覚えていて、実行されていたこと、嬉しいです。
そして、それが結果に繋がっていること、さらに嬉しいですね~

迷ったり、落ち込み気味になったりしたときって、
それほど多くの解決策ってなくて、方法は単純なことなのですね。

ずっと悩んで、考え込むか、
手を動かしてみるか… ですね^^

それなら、手を動かしてみた方が、よさそうですね。
きっと、ブログを書き続けたのですね。

この方法が一番です。
「行動しましょう… そこからしかはじまらないです。」

難しいこと、いろんなことを考えてみたところで、
実際にはできないものです。

だから、単純に考えていけばいい、という結論になるのですね。

それが、「悩んだら、手を動かす」です。

悩みながらでも動かしておけば、その分あとで振り返ってみたとき、
結果が残っています。
悩んで時間だけが過ぎていくのは、もったいないですね。

教室をはじめても、生徒さんが自然に来てくれるわけではない、
ということは、みんな理解してはいますが、
心のどこかで「生徒さんが増えていく期待」はありますね。

でも、生徒さんは勝手に増えなくて、
増えるための適切な行動が必要です。

特に教室開設時は言えることです。
だんだん努力の仕方もわかってきますが、
最初は一つのことをするのにも時間がかかります。

でも、スタート時は、特に行動量がものを言いますよ。

では、何をすればいいか…

たとえば、すぐにできて効果的なことは、

・ブログを書いてみる
・チラシを配ってみる
・カリキュラムの予習に力を入れる

深く考えないで、手を動かしてみると、何かが起きます。

その積み重ねです。

さあ、次は70人、目標を持つことはいいですね。

お伝えした通りに行動して、結果を出してくださっている先生がいること
とっても嬉しいです。

音楽と子どもの仕事をしたい多くの方に、実現してほしいです!